A Singular Blessing

by Hinode Isuzu / 暘 弥涼

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥150 JPY  or more

     

1.
Cam Feneita 03:00
2.
3.
Raiser 03:36
  My darling,   Mourning does not suit you.   Jump out of hell, crawl out of the abyss,   And come back to me. Green, blue, red, yellow, and pink;  Cosmetics that are on the desk. Clothes line up in the closet:  White shirts and Black polo-necks.   "Not my own."   ― The murmur of voices, not my own. The cold silence is eroded by the frenzy of insanity. My legs start trembling and I can't stand up suddenly. Darling, rescue me.   Push me into the darkness,   And thrust the dark into my back. Grief, flew, dread, bellow, and blink;  They are now at war in my head. Fit close, the shadows, behind me;  I was one, and I was not one.   "XXX XXX!"   ― The murmur of voices, who are these? The cold silence is eroded by the frenzy of insanity. My legs start trembling and I can't stand up suddenly. Darling, rescue me.
4.
Boundary melts, My body loses the contours. Far away, Far. Falls to the daydream world. When a cold wind blows, my heart separates from my body. The Doctor said that's a defense instinct. Separate reality and consciousness to protect the injured heart. I'll move away from reality. The world to glow white. The world leaves me behind and White attacks me. "Mayday, Mayday." Boundary melts, My heart loses the emotion. Far away, Far. Falls to the daydream world. The world to glow white. The world leaves me behind and White attacks me. "Mayday, Mayday." <Call My Name>
5.
トキの声 03:50
甚く膨れっ面の宝瓶宮は、 叩き折られた翼を引き摺って孤独に歩いた。 されど彼の者に手を貸す者はない、 石礫を投げる者は居れども。 彼の者の名は、黒頭の鴇。 泥に塗れた不浄の鳥さ。  Is mise Ibis, itheoir nathair.  Bhí mé i mo chónaí in eagna,  Agus láimhseáil mé draíocht.  Ach tá an domhan athraithe.  Ní raibh ionam ach éan salach. 唄われるは、鳥追い唄。 憎まれるは、嗄れた声。 疎まれるは、水掻き足。 忌まれるは、その姿容。 甚く膨れっ面の宝瓶宮は、 叩き折られた翼を引き摺って闇夜を歩いた。 そこで彼の者に構う者はいない、 静けさだけがそこには潜む。 彼の者の名は、黒頭の鴇。 地に堕ちた古の神さ。 ――だが誇りを捨てたわけじゃない。 ――気高さとて忘れてはいない。 ――我が言葉も知性も旋律も、未だ打ち捨ててはいない。 「いざ翔んでいけや、我が心!  風の吹くまま、気の向くままに。  雲を裂き、天を衝け。  短剣となり、投槍となれ!」 甚く膨れっ面の宝瓶宮は、 叩き折られた翼を引き摺って大路を歩いた。 そこに彼の者を崇む者はいない、 ただの鳥だけがそこには居た。 彼の者の名は、黒頭の鴇。 ガラガラ声の渡りの鳥さ。 ――だが誇りを捨てたわけじゃない。 ――気高さとて忘れてはいない。 ――我が言葉も知性も旋律も、未だ打ち捨ててはいない。 「いざ翔んでいけや、我が心!  風の吹くまま、気の向くままに。  雲を裂き、天を衝け。  短剣となり、投槍となれ!」 「飛んでいけや、我が言葉!  旋風と共に、溜め息と共に。  端を断ち、芯を突け。  雷電となり、火種となれ!」
6.
Say good-bye to the dark night, Spread your arms and hug the morning air; Feel at the rising twilight, Open your eyes and sigh, the morning air! You know unconsciously, Sounds of horn that continues from ancient; Hear the voice of dawn, Open your heart and laugh in morning air! Say good-bye to the daylight, Close your eyes and sigh, to red dusk; Feel at the rising twilight, Open your mind and sleep in dark night!
7.
『それ』 03:48
もし貴方が『それ』を言いたくないのなら。 無理に言葉にしなくていい、無理に語る必要はない。 でも、知っていて、これだけは。 傍にいる私のこと。それと言葉の魔法を。 もし貴方が『それ』を言いたいと望むのなら。 私は静かに傾聴するだけさ、気を遣う必要はない。 貴方のペースで、好きなように。 取り留めなくても構わない、話を聞かせて。 なんでも構わないよ。 どんな些細なことでも、関係ない話でも。 貴方の気が晴れるならば。 それでいい、それでいい、それでいいんだ。 なんでも構わないよ。 どんな小さなものでも、脇道それたとしても。 憂鬱な顔を救えるならば。 それでいい、それでいい、それでいいんだ。

credits

released March 20, 2021

license

all rights reserved

tags

about

Hinode Isuzu / 暘 弥涼 Japan

サイコな小説を書く傍ら、サイケなロック等も書いてます。

日本語(現/古)、英語、ゲール語で歌詞を書くことが多い。そして古い楽器と民族楽器が好き。


Hi, folks! I'm 暘 弥涼 (Hinode Isuzu).
I'm a Storyteller from japan!

My name is similar to companies famous for trucks, but I'm not interested in trucks.

I compose spooky songs that blend Psychedelic rock and Contemporary folk, when I'm tired up of writing novels.
... more

contact / help

Contact Hinode Isuzu / 暘 弥涼

Streaming and
Download help

Shipping and returns

Redeem code

Report this album or account

If you like Hinode Isuzu / 暘 弥涼, you may also like: